引退から1年。

歌の先生を引退してから、丸一年が経過しました。

 

昨年の夏前頃、友人と行ったカラオケで、

自身の劣化(歌唱力の低下)に愕然としました。

数か月、歌わず、大きな声も出さずの生活をしただけで、

こんなにも劣化するのかと。

 

「好きな歌は、納得のいくように歌いたい。」という、

歌好きの普通の欲求を満たすため、

カラオケ以降、通勤の車で、時々は歌うようにしていた。

その効果かな?

最近は、多少はマシになってきたようです。

 

実績のあるベテランのスポーツ選手が、

怪我とかで実戦から離れてしまって、

なかなか復帰できなかったり、

結果が出せなかったり、そのまま引退したり、という、

スポーツの世界ではよくきく話を、

今までは、どこか理解していない部分があって。

あんなに実績のあるベテランが、なんですぐに復帰できないのだろう?と。

 

まさか自分が同じようなことになろうとは。

同列に語ってはいけないとも思うのだが。(笑)

 

仕事だから、趣味だから、とか関係なく、

やりたいからやる、やりたいという理由だけでやれることがある幸せ。

 

それが歌うことであり、バスケットボールであり。

 

下手でもいいんだ。

ただ、

自身で納得がしたい。

 

バスケの方は、結構定期的に行けているので、

翌日激しい筋肉痛・・・ということもホボなく。

怪我もあるし、古傷もあるしで、若い頃のようには跳べないけれど、

納得いくレベルまで行きたい。

 

体重、減らします!(笑)

コメントを書く

ほっかにログインしてコメントを書く